ロブスタ  カーブドシェル

用途 造船・曲がり部
寸法 W : 140mm、D : 200mm、H : 300mm
重量 走行部: 7.5kg、ならいトーチ部:3kg

タテリブ(ロンジ・スティフナー)の傾斜やRが3次元的に連続変化する場合、自動的にトーチ角度を最適に保持します。(特許2件)

当製品に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ

製品の特徴

lobster_curved_shell

 

機能・特徴
タテリブ(ロンジ・スティフナー)の傾斜やRの3次元的な連続変化に対して、自動的にトーチ角度を最適に保持します。
たて板・下板に精密に追従するだけでなく、ロンジの連続的な倒れや曲がり、下板のわん曲に対しても常に正常なトーチ狙いをキープします。
トーチ角度を変えたいときは、手動ハンドルでワンタッチで可変できます。走行中でも可能です。
無監視走行 ——
走行部はフランジ部を強力にクランプして走行するので、ロンジの倒れ度合いに関係なく確実な走行を行います。(牽引力25kg)
従って走行中、「すべる」「止まる」「はずれる」ことはありません。
前・後 どちらの方向にも走行できるので活用性が格段に拡がります。
フランジの厚みにかかわらず、ワンタッチで着脱できます。
シングル & ツイン溶接 ——
鋭角側・鈍角側別途に溶接を行うシングル溶接のほか、両側にトーチをセットしてツインでの溶接を行うこともできます。

 

理研工機の ロブスタ  カーブドシェル

ロブスタ  カーブドシェル

(画像をクリックして拡大)

適用部材
ロンジと下坂(スキンプレート)の角度が連続的に変化する曲がり外板に最適です。

1. ロンジ寸法(アングル)
2. ロンジの倒れ角度
ロンジと下板の角度は下板から90°~60°の間で連続的倒れに対応します。(偏位 30°)
鋭角側、鈍角側も同じ角度です。
3. 走行線の曲がり
・曲がり外板の通常のカーブに適応します。
仕様
走行部 ならいトーチ部 溶接残し
重量 7.5kg 3kg
始端 0mm
終端 200mm
寸法
W 140mm
D 200mm
H 300mm

 


当製品に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ